トップ

大阪でペット火葬サービスを利用した場合、どこで火葬を依頼したかによって一骨の取り扱いは大きく異なります。

大阪市などの自治体に依頼した場合は、委託業者に遺体を引き渡して合同火葬をしているケースが多いため、
遺骨が飼い主の元に戻らない可能性も高いでしょう。

 

ペットの遺骨を手元に置いておきたいという人や、ペット霊園などに納骨したいと考えているならば、
ペット葬儀会社などの専門業者に火葬を依頼するのも良いでしょう。

その場合は自分の意向を最初にスタッフに伝えておき、骨壷に入れて自宅で保管したり霊園に預けたりといった遺骨の管理方法があります。
一軒家で庭などの土地がある場合は自分で埋葬したり、自分が死んだ時に同じお墓に埋葬してもらうこともあります。

近頃はペット専用仏壇などの商品を取り扱う専門業者も増えているため、自分や家族が考えている弔いの形を実行できるような供養をしてあげると良いでしょう。

 

火葬前に十分な確認をしておくとスムーズに手続きをすることが可能です。